人工知能学者 中島秀之 東京大学特任教授が2018年1月のイベントに登壇

2018年のシンギュラリティ大学インキュベーションプログラムへの参加権を競うグローバルインパクトチャレンジが開催中です。

1月のファイナルピッチイベントには、日本の人工知能研究を率いていらした中島先生が登壇され「人工知能の歴史と未来」について講演いただきます。このイベントは参加登録無料となっておりますので、皆様是非早めの申し込みを!

イベント参加申込

ソニー様によるイベント登録サイトより登録ください。東京ミッドタウンホールにてファイナリストによるピッチ及びシンギュラリティ大学の説明や人工知能教育・イノベーション教育の最先端についてのイベントを行います。イベントは13時~18時を予定。同時通訳(英→日のみ)あり、途中休憩ありです。

中島秀之氏

工学博士

東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 先端人工知能学教育寄付講座 特任教授 (2016/6/1-)

公立はこだて未来大学 名誉学長(2016/5)

  • 名誉教授(2016/4)
  • 特任教授(2016/4-)
  • 学長(2004/4-2016/3)・理事長(2008/4-2016/3)

 

イベントでは「人工知能の歴史と未来」について講演!

東京大学先端人工知能教育学教育寄付講座特任教授の中島先生にご登壇いただき、人工知能の歴史や未来についてご講演いただきます。
囲碁で人間を打ち負かし、AI記者がニュースを書き、AIスピーカーが指示をしてくれる、いま、我々の生活は人工知能により激変しようとしています。中島先生は、人工知能研究の第一人者として長い間日本の人工知能研究を率いてこられた、文字通り、「国内外の人工知能研究の歴史に一番詳しい人」。本講演においては、その中島先生から見た、昨今の人工知能ブームの本質、日本がそこで勝ち抜くために必要な要件、人工知能により激変する我々の生活とそ、こを生き抜く術を平易に読み解いていただきます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP