Raymond McCauley氏が2018年1月のイベントに登壇

2018年のシンギュラリティ大学インキュベーションプログラムへの参加権を競うグローバルインパクトチャレンジが開催中です。

1月のファイナルピッチイベントには、シンギュラリティ大学のデジタルバイオロジー部門のトップ、レイモンド氏の登壇も決まりました(同時通訳あり)。このイベントは参加登録無料となっておりますので、皆様是非早めの申し込みを!

イベント参加申込

ソニー様によるイベント登録サイトより登録ください。東京ミッドタウンホールにてファイナリストによるピッチ及びシンギュラリティ大学の説明や人工知能教育・イノベーション教育の最先端についてのイベントを行います。イベントは13時~18時を予定。同時通訳(英→日のみ)あり、途中休憩ありです。

Raymond McCauley

レイモンドは、シリコンバレーでも著名な生命科学の科学者・技術者であり、起業家です。科学技術がいかに我々の生命、薬、農業などに影響を与えるかを研究しており、シンギュラリティ大学のデジタル・バイオロジー部門のトップも務めています。

レイモンドは同分野で数多くの起業を経験しております。特に市民レベルからのバイオ研究を進める活動から事業を作り出したりする経験を多数有しております。彼の体にはいくつもの生体チップが埋め込まれており、TED講演中に生体チップを埋め込む実演をするなどの行動や、市民バイオラボのバイオ・キュリアスを創業したりと、市民レベルのバイオ化学者やバイオ・ハッカーの教祖的存在でもあります。

レイモンドの講演は、彼の知識と経験を織り込んだ非常に見識に富んだものであり、多くの起業家や科学者へ勇気を与え、経営者へ新規事業の種を与えてくれます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP